店舗情報

素晴らしい宝石との出逢い、または別れの
サポートをすることがしかん香の務めです。

大切な人からのプレゼント、思い出の品、自分自身へのご褒美…など、様々な形で手に渡る宝石・ジュエリーは不思議なパワーで持ち主を守り、元気を与えてくれるに違いありません。
現在、しかん香では海外・国内のアーティスト作品からライトジュエリーや天然石などの鉱物まで幅広い宝飾品を取り扱っております。また、皆様の持っておられる金・プラチナといった貴金属製品、ダイアモンド、カラーストーンジュエリーの買い取りも行っております。これからも皆様の素晴らしい宝石との出逢い、または別れのサポートをすることが、しかん香の務めと思っております。色々なお客様のご要望に幅広くお答えしたいと考えております。

会社概要

創業 1939年 芝翫香より初代木下徹郎独立
1958年 設立
資本金 3,000万円(平成17年増資)
代表 代表取締役 木下康生
事業内容 宝石・貴金属・雑貨物の製造、卸、小売、輸入、買取
所在地 〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋2-7-24
店舗:06-6211-0989 / オフィス:06-6211-4131
定休日 日曜日
営業時間 11:00~19:00
古物商営業許可 大阪府公安委員会 第958号

アクセス

〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋2-7-24
TEL 0120-64-0989
営業時間 11:00~19:00(日曜定休)

地下鉄「心斎橋駅」5番出口より心斎橋筋商店街を南へ徒歩5分
(工事中の場合は「6番出口」「4‐B出口」をご利用ください)

親切・丁寧をモットーに、
宝石のことなら何でもご相談を承っています。
心斎橋にお越しの際は、
ぜひしかん香へお立ち寄りください!

しかん香の取り組み

石腸会

石腸会とは
前社長木下茂慶が約40年かけて全世界の鉱物を集め続け、そのコレクションルームを石腸庵と名づけました。その由来より、石腸会と名づけお客様との交流を図っております。

ランドセル基金

阪神・淡路大震災では多くの学校が被災し、様々な備品が失われました。
両親や父親、母親をなくしたこども達は、1,000人を超え、数万人の児童が不自由な生活を送っています。
学校には必要な備品を、こども会にはその活動に必要な品々を贈るなどのほか、被災したこどもたちに手を差し伸べ、心の復興をめざそうと産経新聞社と産経新聞大阪新聞厚生文化事業団が提唱して「ランドセル基金」を創設しました。

弊社では”おもいやりの心”をこども達と共に育てていければと考え、平成7年2月からお客様からの募金、復興協力商品の売上金額、しかん香からの浄財を合わせた寄付を始め、現在では総額28,108,143円を事業団へ寄付いたしました。

今後とも皆様のお力添えの下、このランドセル基金で、子ども達により良い環境創りをサポートできますよう続けて参る所存です。

2018年 産経新聞関西に掲載されました

ランドセル基金に「しかん香」が100万円

 宝石・貴金属販売会社「しかん香」(大阪市中央区、木下康生社長)は15日、産経新聞厚生文化事業団の児童福祉事業「ランドセル基金」に100万千円を寄託した。
 ランドセル基金は平成8年、阪神大震災で支援を必要としている子供たちのために設立。同社は、基金発足時から20年以上にわたり、利用客の善意を合わせて毎年寄託を続けている。
 この日、同市浪速区の同事業団を訪れた木下善志生常務は「お客さまに支えられ、長年続けられています。厳しい状況に置かれている子供たちのために、これからもできるだけのことをしていきたい」と話した。

平成30年1月16日 産経新聞朝刊掲載

keyboard_arrow_up